売りたい - 売却専門家・不動産業者の選定 2024.05.22

空き家は買取業者に依頼するべき?仲介と買取のどちらがおすすめ?

KEYWORDSキーワード

空き家は所有し続けるだけで、固定資産税や管理費などの固定費がかかります。そのため、空き家を手放すために、買取業者を探している方も多いのではないでしょうか。

しかし、空き家を手放すには「仲介」と「買取」の2つがあり、それぞれで利用するメリットとデメリットが存在します。

そこでこの記事では仲介と買取をどちらを選ぶべきか、また買取業者を利用するメリット・デメリット、空き家買取の流れについて解説します。

空き家を高く売るなら「仲介」と「買取」どちらがおすすめ?

「買取」と「仲介」のどちらがおすすめかについては、売主の状況によって異なるので一概には言えません。ですが、一般的には早く売りたいなら「買取」を、高く売りたいなら「仲介」がおすすめです。

買取業者は買い取った不動産をリフォームなどで付加価値を付けて再販するため、買取相場は仲介と比べて低くなる傾向にあります。

一方で、仲介のように売却活動を通じて売主を探し交渉する必要がなく、買取業者が直接不動産を購入するので早く手放せるというメリットがあります。

このように「買取」と「仲介」に優劣はないため、自身の状況を考慮して適切な選択肢を取ることが重要です。

もし、不動産仲介や買取を検討しているのであればぜひ弊社「はればれ商店」にお任せください。司法関係者や建築士など各種専門家と連携し、売主様の利益を最大限高めらるように売却を進めるので安心してご利用いただけます。

加えて、大手不動産会社や地域密着型不動産会社とも連携し、スムーズに売却を行えるよう取り組んでいるので、気軽にお問い合わせください。

»お問い合わせはこちら

空き家買取を利用するメリット

空き家の買取を利用するメリットは、次の3つです。 

売却活動が不要

買取業者を利用する最も大きなメリットは、売却活動が不要な点にあります。というのも、相談先の不動産買取業者が空き家を購入するからです。

そのため、仲介会社に依頼した場合は売却活動や買い手との交渉に時間を要しますが、買取業者はその必要がないため、早く不要な空き家を手放せます。

したがって、高く売るのではなく「できるだけ早く空き家を手放したい」と考えているのであれば、買取業者に依頼するのがおすすめでしょう。

現金化までが早い

買取業者を利用するメリットは、現金化まで非常に早く行える点にあります。なぜなら、前述した通り、買取業者に依頼すれば売却活動を行う必要がなく買い手を探す手間がないからです。

例えば、仲介会社に依頼すると売却活動、購入希望者との交渉などで時間と手間がかかります。

一方で買取業者に相談すればその買取業者が空き家を購入するので、現金化までスムーズに行えます。

家財道具を残したまま売れる

不動産買取業者によっては、家財道具を残したままでも買取してくれるところが存在します。その場合、家財道具の処分費用や手間を削減できるのもメリットの一つです。

一般的に家財道具は自身で処分するか、業者に処分してもらうかの二択です。自身で行う場合は費用は抑えられますが手間がかかります。

一方で業者に依頼すると、残された家財道具は「産業廃棄物」として処分されるため、処分費用が高くなる傾向にあります。

そのため、多くの家財道具が残っている場合は、残したままでも売れる買取業者を選ぶと良いでしょう。

なお、不動産仲介の場合でも買い手との交渉次第で、家財道具を残したままでも売却できますが、一般的にはマイナス評価になります。

空き家買取を利用するデメリット

空き家を買取業者に依頼するデメリットは、下記の3つです。

買取してもらえないケースがある

空き家は買取業者に依頼しても、必ず買取してもらえるわけではありません。というのも、不動産買取業者が買取をしても、自社の利益に繋がらないと判断されることがあるからです。

例えば、立地が悪いうえに再建築不可物件(新たに増築・改築ができない物件)に該当する場合、買取をしても有効活用できないため買取を断られるケースがあります。

しかし、不動産買取業者の販路の豊富さなどの力量によって判断されるので、条件が悪い空き家は絶対に買取してもらえないとは一概には言えません。

買い叩きの被害にあう可能性がある

もう一つのデメリットは、買い叩きの被害にあう可能性がある点です。例えば、事前査定・簡易査定の段階では高額な査定額を提示し、実際に買取を行うときに何かと理由をつけて安くされるというトラブルがあります。

したがって、買い叩きの被害にあわないために、簡易査定の段階で査定額の根拠を不動産会社が説明できるかを確認しておきましょう。

加えて、国土交通省の「土地総合情報システム」を活用して、自身が保有する空き家周辺の価格相場を把握しておくことが重要です。

仲介よりも売却価格は低くなる傾向にある

冒頭でも解説した通り、買取業者はリノベーションなどを行って再販するため、買取価格は相場よりも低くなる傾向にあります。

そのため、高く売りたいと考えている方は、仲介会社に依頼するのがおすすめです。しかし、買取業者は売却活動で買い手を探す必要がないので、スピーディーに現金化できるというメリットもあります。

したがって、自身が空き家を手放す理由を再度確認し、仲介と買取のメリットとデメリットを把握したうえで、適切な選択をするように心がけましょう。

空き家買取の流れ

空き家買取の流れは、依頼する買取業者によって少々異なるので、相談先の不動産会社に確認しておきましょう。

ここでは、買取業者を利用するときの一般的な流れについて解説します。

1.空き家の調査

まずは買取業者に依頼する前に、空き家の所有者を調査する必要があります。というのも、不動産は名義人でなければ売却することができないからです。

例えば、相続によって空き家を所有することになった場合、相続登記を行って名義を変更していなければ、売却することはできません。

他にも、土地の境界確定を求められるケースがあります。境界を確定しておかなければ、後ほどトラブルに発展してしまいます。もし、土地の境界が確定していない場合は、買取してもらう不動産会社にその旨を伝えて対応してもらいましょう。

2.空き家買取業者に依頼

次に空き家の買取を不動産買取業者に依頼します。買取では買い叩きのトラブルもあるので、以下の点に注意して買取業者を選びましょう。

  • 口コミ評判が悪くないか
  • 口コミ評判が不自然ではないか
  • 査定で査定額の根拠を説明できるか

買取業者に依頼すると、迅速に手続きを行えるのですぐに手放したい方におすすめです。一方で、焦って手放す必要はなくできるだけ高く売りたいと考えているのであれば、不動産仲介会社に依頼しましょう。

»お問い合わせはこちら

3.査定をしてもらう

続いて買取業者に査定を依頼します。不動産の査定方法は次の2つです。

  • 訪問査定:実際に空き家に訪れて正確な査定額を導出
  • 机上査定:築年数や間取り、立地などの情報で大体の査定額を導出

多くの不動産買取業者では、机上査定を行ってから訪問査定を行います。そのため、買い叩きのトラブルを避けるために机上査定の査定額に対して、どのような理由でその査定額がついたのかをよく確認しましょう。

そうすることで、机上査定で値段を釣り上げて最終的に査定額を大きく下回る額で買取されるといったトラブルを避けられます。

4.売買契約を結ぶ

続いて買取が確定すれば、不動産買取業者と売買契約を結びます。売買契約については、不動産会社がサポートしてくれるので、安心して買取を進められるでしょう。

加えて、売買契約では買取額の調整だけではなく、空き家の引き渡し日なども調整します。また、売買契約締結時に不動産買取業者から買取額の5%〜10%ほどの、手付金を受けるのが一般的です。

5.空き家を引き渡して代金を受け取る

最後に空き家を引き渡して、手付金を差し引いた代金を受け取れば買取完了です。所有者移転登記は、司法書士が手続きを行います。

実際には引き渡しの場に立ち会う司法書士が取引完了後に、代理で移転登記を行うのが一般的です。

空き家の買取価格の相場

買い叩きなどのトラブルを避けるためにも、空き家の買取相場を把握しておくことは重要ですが、空き家の買取相場は一概には言えません。

というのも、不動産買取業者が空き家を買取した後の活用方法で、買取価格は変動するからです。

例えば、空き家をリフォームして売るか、または解体して土地として売るかによって買取額が変わります。

そのため、冒頭でも述べましたが買取価格は、自身が所有する空き家周辺の不動産取引価格を参考にするしかありません。

不動産取引価格は、国土交通省の「土地総合情報システム」で地域を選択すれば簡単に確認できます。

空き家買取についてよくある疑問

空き家の買取について、よくある疑問を3つ紹介します。

国は空き家を買い取ってくれる?

「空き家」を国が買い取ってくれる制度は、現在はありません。しかし、相続によって所有することになった「土地」であれば、相続土地国庫帰属制度を利用できます。

したがって、空き家を解体して更地にすれば、相続土地国庫帰属制度の条件である「建物がない土地」を満たすことが可能です。

相続土地国庫帰属制度については、法務省「相続国庫帰属制度について」で詳しく確認できます。特に国庫への帰属できる条件は、厳しく定められているのでよく確認しておきましょう。

買取されない空き家はどうすればいい?

空き家を買取することができなかった場合は、下記の方法を検討してみましょう。

  • 仲介業者を通じて売却
  • 公益法人や自治体に寄付

空き家を有効活用できなければ、寄付される側は管理コストだけがかかるので、受け入れられない場合が多いです。つまり、「買取されなかった=有効活用が難しい物件」なので、寄付で手放すのは難しいでしょう。

そのため、需要と供給が合えば買い手が現れる可能性がある仲介業者に、まずは依頼するのが良いでしょう。

例えば、再建築不可物件で立地が悪くても、会社の倉庫として活用できるという理由で購入される事例もあります。

まずは不動産仲介会社に相談して、売却活動を進めてみましょう。弊社では再建築不可物件などの難処分物件の取り扱いにも注力しておりますので、気軽にお問い合わせください。

»お問い合わせはこちら

空き家買取を個人間で進めるときの注意点は?

個人間で売買を行う際は契約書の不備や説明不足によってトラブルが発生した場合、自分たちで解決しなければいけません。

その点、不動産会社に相談すれば、仮に不備があっても責任をとってくれるのでトラブルは発生することは少ないです。

したがって、個人間で取引を進める際は、重要事項説明や売買契約の規定をしっかりと確認しておく必要があります。

まとめ

空き家を売りたい場合は、「買取」と「仲介」のどちらを選ぶべきかをそれぞれのメリット・デメリットを把握して選択することが重要です。

それぞれの事業の体系上、早く売りたいのであれば「買取」、できるだけ高く売りたいのであれば「仲介」がおすすめです。

また、再建築不可物件などの難処分物件は、買取してもらえない可能性があります。もし、買取してもらえなかった場合は、ぜひ弊社にお任せください。

弊社では、再建築不可物件などの難処分物件の取り扱いにも注力しておりますので、気軽にお問い合わせください。

»お問い合わせはこちら